《黄金律は、完璧に熟したブドウの収穫である》

 

収穫に先がけて、それぞれの畑ではブドウの熟度チェックが続けられ、成熟の進行状況を把握します。

ブドウが劣化することなく、無傷の状態で醸造タンクに入れるよう、手作業での摘み取りと、専用ケースでの搬送を原則とし、果実の損傷を回避しています。

収穫後の選別は、ベルトコンベヤー式の選果台を使い、すべて手作業で行なわれ、アペラシオンに値するグラン・ヴァンにふさわしい、最高の品質のブドウだけが選び抜かれます。